旅行とゴルフと庭いじりが趣味です。
by ok2005h
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


2008年3月18日  3月2日の梅です
d0038872_23332936.jpg

d0038872_2334179.jpg

夜の梅です
d0038872_23344046.jpg

d0038872_2335485.jpg

[PR]
# by ok2005h | 2008-03-18 23:37 | 庭の四季

2007年7月7日  我が家の庭ではありません
d0038872_130251.jpg

夏の色ですね
[PR]
# by ok2005h | 2007-07-18 13:00 | 太宰府近辺の事

わが家の庭ではありません

2007年3月3日
d0038872_16454759.jpg

d0038872_16525028.jpg

d0038872_16532657.jpg

椿 金盞花 水仙  太宰府近辺です
[PR]
# by ok2005h | 2007-03-11 16:55 | 太宰府近辺の事

利尻富士

2006年7月28日 梅雨明けの暑い日 夏本番です

涼しげな景色 北海道の利尻島の利尻山(1721m)です
d0038872_9265447.jpg

d0038872_9364817.jpg

                2006年7月2日の写真です
[PR]
# by ok2005h | 2006-07-28 09:32 | 旅行記

牡丹の花が咲きました

2006年4月26日 牡丹の花が咲き 終わりましたました。
4月8日の様子
d0038872_22294927.jpg

4月17日 今年は赤が4っつ咲きました
d0038872_22364539.jpg

ほんとにきれい 昔から多くの人に描かれているけれど 本物のこれが一番
d0038872_22411769.jpg

4月25日 赤い牡丹が終わる頃 白い牡丹も4っつ咲きました
d0038872_22425377.jpg

花粉に埋もれてぶどう虫が黄色になって動めいているのが見えるでしょうか。
絹布の様 香は芥子に似ています ほんとにきれい!!
d0038872_22455291.jpg

手折って 母に届けました 4月21日
d0038872_10163468.jpg

[PR]
# by ok2005h | 2006-04-26 22:48 | 庭の四季

光明寺春の観音供養法要の会に行きました

2006年4月25日 「鳥歌い花笑う」和尚様談 お天気にも恵まれた本日 お寺で観音供養が行われました。20名程のお坊様のお経の後 私達も施餓鬼供養のお焼香をしました。
d0038872_0132973.jpg

本日の法話では 白血病から生還された お坊さまの話でスロースロースローで一日一日を大切に送りましょうと言う様な お話がありました。
d0038872_014773.jpg

春のお庭は紅葉(もみじ)の新緑の向こう側に石楠花が鮮やかに咲いていました。
d0038872_014333.jpg

みどりが目に染まりそうです。
d0038872_018192.jpg

[PR]
# by ok2005h | 2006-04-26 00:08 | 太宰府近辺の事

曾じいちゃんの藤の花

2006年4月22日 SちゃんMちゃんSちゃんへ  じいちゃんのお父さんつまり曾じいちゃんが植えた二本の藤の花がきれいに咲きましたよ 白い藤は曾じいちゃんが盆栽(50年位)で育てていたけれど 曾じいちゃんがいなくなってから(35年前)庭に移し植えました、およそ85年の白藤です
元気な蕾が出てきました 房が短い玉藤です(4月2日)
d0038872_12255945.jpg

きれいに咲きました(4月10日)
d0038872_12315927.jpg

紫色の藤の花は曾じいちゃんが(40年位前)種から植えて育てられた藤です
房が長い蕾です(4月10日)
d0038872_1240364.jpg

満開ではないけれど開き始めました白と紫が一緒に咲いています(4月20日)
d0038872_12453995.jpg

白藤が散り始めるころに紫藤が満開になります一メートル位になります(4月28日頃)待っていてください。
d0038872_034030.jpg

夜の様子です4月27日
[PR]
# by ok2005h | 2006-04-22 12:56 | 庭の四季

何!?この鳥の群れ

2006年4月1日3月29日の両日 夕方庭に出ていたら 突然 ジュ ジュ ギャ ギャ と鳥の大合唱200羽~300羽位の群れで屋根の上を飛びまわっていました、急いでカメラを持ち出して・・・・こんな写真が出来ました。
d0038872_8595137.jpg

こんな写真では鳥の名前も分りませんが雀より大きく鳩より小さく ヒッチコックの映画「とり」を思い出しました
d0038872_962716.jpg

引越しの相談でもしていたのでしょうか。
[PR]
# by ok2005h | 2006-04-15 09:11 | 太宰府近辺の事

男たちの大和

2006年4月12日 さくらの花も散り始め水面の花いかだがきれいです
先日の旅では飛行中(10時間)放映された映画(ビデオ)[男たちの大和]を5回繰り返し見ました 感動しました! 戦艦大和に乗り組んだ 人たち それに係わる人たちのこと
昭和20年4月7日の沈没。 
私は飛行機の中で何度も涙を隠す事が出来ませんでした。

    貴様と俺とは 同期のさくら 同じ海兵隊の庭に咲く
            咲いた 花なら 散るのは覚悟
                  みごと 散りましょう 国のため
d0038872_23324313.jpg

  余にも 悲しすぎる歌です   (近くの公園のさくら4月12日撮りました)
このすごい映画の原作本を読んでみました
原作者辺見じゅん
昭和60年発行角川書店(上)(下)巻新田二郎文学賞受賞作
d0038872_23473846.jpg

以前NHKラジオに辺見じゅん様がご出演されたおり この本を著す為 生存者へ根気強い取材をされた話 又 戦争体験をされた お父上の角川源義氏(角川書店の創業者)に戦争の話をたずねても 多くを語られなかった 事などを記憶していました。
このすごい著書「男たちの大和」のどれ位を 私は理解出来ただろうかと考えます。
下巻7章の最後に書かれている文章 映画でもこの場面で終わりました
昭和20年3月29日、戦艦「大和」、沖縄海域に向け呉を出撃。
乗組員3333名。
4月7日14時23分、米航空機部隊の攻撃により、沈没。
北緯30度43分・17秒、東経128度04分・00秒。
死者3千余名、東シナ海の海底に眠る。
生存者、現在150余名。(
昭和60年11月25日初版発行です)
心優しく しんの強い著者 辺見 じゅん様
d0038872_050978.jpg

              (鎭国寺のしだれ桜 4月2日撮りました)
[PR]
# by ok2005h | 2006-04-13 01:01 | 折々の記

嫁菜飯(よめなめし)

2006年3月29日 春を感じる季節になると 庭のひとすみに嫁菜(秋に紫色の小さな花が咲きます)の新芽が出ます。今朝はそれを摘み取り 湯がいて 嫁菜飯にしました。義母の存命中から わが家の春の食卓を飾る一品です 母を思い出しつつ 鮮やかな緑の春の香りを頂きました
d0038872_2453162.jpg


 
[PR]
# by ok2005h | 2006-04-01 02:44 | 庭の四季